兵庫県伊丹市で、同居する当時5歳だった孫娘の頬に包丁を押し当てたとして、暴力行為法違反の罪に問われた祖母の女(47)の初公判が27日、神戸地裁伊丹支部であった。祖母は起訴内容を認め、検察側は、晩ごはんを食べないことに腹を立て、孫の頬に包丁の刃を数回押し当てて「おしゃべりできませんか」と声をかけていたと明らかにした。

ニュースブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村


地震対策30点避難セットplus+

続きを読む