「私たちを、助けてください」と、彼女は透明なアクリル板越しに言った。
「はやく夫と一緒に暮らしたい。彼のそばにいたいんです……」
涙をすすりながらそう語る韓国人のキムさんには、日本人の夫がいる。
もともと日本が好きで、20代のころから観光客としてなんども訪れていた。ある時を境に飲み屋で働くようになり、そのまま暮らして6年ほどになる。オーバーステイだった。

「オーバーステイをしたことは反省しています。でも、人を殺したり、何かを盗んだりしたわけではないんです」

人気ブログランキングへ

続きを読む