まとめてないニュース

方向性を見失ったのでブログの方向性を考え中です。

北海道警苫小牧タクシー運転手暴行殺害事件

奥さんの悲痛の声が可哀想だったので、書き残しておきたいと思います。

事件は2019年5月22日に午後11時に起きました。

タクシー運転手の顔を殴り、乗車料金を支払わなかったとして、北海道警苫小牧署は23日、苫小牧市木場町3、北海道新聞販売所アルバイト配達員の渡辺正継容疑者(59)を強盗容疑で緊急逮捕した。暴行を受けた同市拓勇西町5、タクシー運転手佐藤進さん(69)は搬送先の病院で約1時間半後に死亡。

渡辺容疑者は路上で、佐藤さんの顔面を殴るなどの暴行を加え、乗車料金約1000円を支払わなかった疑い。佐藤さんは「客に殴られた。金を払ってくれない」と110番した。渡辺容疑者は酒に酔っており、「到着した場所が違うので金を払いたくなかった」などと供述しているという


2019年5/23(木) 読売新聞オンラインより引用)

金は払わないし、殴るし、ロクでもない人間です。 そして、翌日、奥さんがコメントを出されました。

「あの人は殴られるような悪いことをしたのでしょうか」。事件から一夜明けた23日、佐藤さんの妻・美智子さん(76)はそう言い、声を震わせた。続きを読む

ブックオフのCMで話題の寺田心くん、心優しいおしゃべりの理由



ブックオフのCMで話題の寺田心くんですが、その実体は「お母さんとお祖母ちゃんに料理を作ってあげられるようにコックさんになりたい」という心優しい男の子です。

まだ10歳の心くんですが、礼儀正しく、共演者には丁寧に挨拶に行くなど、とてもしっかりしています。

そして、ご存じのように心くんはとても流暢に話します。
それは心くんの家庭環境に理由があります。

心くんの家にはお父さんがいません。
それはお昼の番組で坂上忍さんがお父さんの話を振った時に判明しました。

「楽屋でお父さんに美味しいしか言っちゃ駄目だぞとか言われてない?」 バイキング生放送での坂上さんのその言葉に 「お父さんはいないんです」 と心くんはさらっと答えました。

小さい頃から母子家庭で育った心くんは「ママばかり喋っていてかわいそうだったから、僕もおしゃべりになったの」と話していたそうです。

人気者ゆえにいじられがちで、中にはウザいだの心無い中傷もあります。
でも、母子家庭で母を支えるため頑張る礼儀正しいまだ小学生の子を優しく見守っていく世の中になって欲しいなと思っています。

絵や写真を無断利用されていた時に参考になるお話

旅するフォトグラファー、写真家・有賀正博さん。


美しい旅の写真集を作られている有賀さんですが、ブログに写真を無断利用されていた時に使用料金を請求した話を挙げられています。

写真画像を無断使用されたので、使用料金をご請求申しあげた件【著作権裁判まとめ】です。
最近はサイトだけでなく、本などでも無断使用されるということが増えているそうです。それも海外の話ではなく、日本国内のお話で。

つい、訴訟とかが面倒になりがちだと思うのですが、有賀さんのこの一言が胸に刺さります。
『ふつうは雑誌でもテレビでもクライアントの皆様は1枚の写真に対してきちんと使用料金を支払ってくださいます。それなのにA社は画像を無断で使用したことで料金の支払いを免れるというのでは他のクライアントとの公平性がとれなくなります。』

そう、無断使用を見逃すということは、作家さんご自身の不利益だけでなく、ちゃんとお金を払ってくださっているクライアントさんに失礼にあたるのです。

有賀さんのお話には先方に連絡する前にページソースを保存することなど、まず証拠を取る重要性など、必要な手順が書かれています。
ぜひ「絵が!写真が!無断使用された!!」というときは写真画像を無断使用されたので、使用料金をご請求申しあげた件【著作権裁判まとめ】をご覧ください。


記事検索
相互RSS
メッセージ

名前
本文